旅行 すぽーつ、やきゅう、げいのう 野球

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人の上原浩治(うえはらこうじ)は球威がおちた

メジャーリーグを目指している上原浩治についてメジャーの
評価では以前よりも球威が落ちたとあまり良い風には
思ってない模様。

上原5~7年前あたりが一番ピークだったようですね。
その後はたびたびにメジャーの評価が落ちたと言われてました。

さらに本人は今年だけはさらに調子を落として2軍落ちしましたしね。

ドラフトではメジャーか日本かで悩んで結局巨人に指名され、
その後はメジャーを選べばよかったと後悔した日もあったそうです。

そして今年は社会人野球からそのままメジャーに行く田沢もいますしね。

自分がやらなかった事をやってる田沢、
力が衰えてから行く自分とピークをむかえる前に
踏み入れる田沢といろいろな葛藤が出てきそうですね。

ポスティングシステムを認めない巨人だったのも
本人にとってはついてないところだったのかもしれません。

上原は巨人の姿勢を否定したり、
今年の日本シリーズでも西武の戦力は良いと言ったりと、
あまりチームへの愛着は感じられなくなってました。

スポンサーサイト

デーブ大久保に隠し子がいた?週刊誌より

週刊文春などにデーブ大久保の隠し子記事が載ってますね。







デーブ大久保が女性を殴ったとかで書類送検されましたが、
その女性というのは不倫関係の人なんだそうで、
今年のはじめに子供を出産しているらしい。

その他にも埼玉の女性やらあらゆるところに浮気相手がいるそうです。

デーブは実生活では幼馴染と結婚しており、
子供も3人います。

週刊誌による噂では嫁さんは
デーブ大久保の女癖には諦め気味で
子供さえ作らなければもうそれでいいと思っていたそうですが、
そのそれさえもやってしまったのですね・・

デーブに問題はありますが、

こういう時ってデーブが悪いように書かれますが、
女性の方も結婚していると知りながら関係を続けたわけですし、
女性にも問題はあるのかなと感じます。

現在は子供は認知されているらしい。

以前日本テレビのアナウンサー炭谷がスカートを覗いた事が
ありましたがその時は逮捕されたわけではなく
書類送検なので名前は非公開。

しかしデーブの場合には書類送検でも公開。
なんだかこの差が謎!



アジアシリーズは閑古鳥の4桁観客

現在アジア一を決める「アジアシリーズ」が
行われていますが観客が入ってませんね。

埼玉から近いとはいえ、あまり由縁のない
東京ドームでの試合です。

今年で言えば土日の西武ドームは満員・立ち見もあったので
場所的にあまりよくないのかなとも感じます。

今年からコナミはスポンサーから降りて、
読売新聞も離れたそうですね。

読売としては巨人のアジア浸透・開拓を狙っていたのかなとは
思いますが。



埼玉西武ライオンズが日本一に西武の応援とロッテ


埼玉西武ライオンズではフラッグを振るのが
名物になっていますが、
元々はロッテが取り入れていたものを使ったとの声も。

しかもロッテが旗を使うと大きさが許可されてないと
使用不可になったこともあるようです。

たしかに西武のホームページを見ると
旗の大きさに規定があります。

しかもこの大きさ以内とかではなく
きっちり○センチなので観戦には邪魔になるとか
そういう理由ではなさそう。

西武ドームでは懸命にフラッグを販売してるから
やはりオフィシャルものじゃないとかな。

フラッグは長いのでカバンに入りきれてない人が多いです。
伸び縮みすればまた使いやすいのでしょうけど。


日本シリーズの巨人原監督

今年は巨人の原辰徳監督は
予告先発をしないとウチが有利になるのではと
提案したりかなりの自信があった模様。



原監督ってこんなに偉そうだったのかな~と感じました。
相手が年下監督だからとかいうものはあると思いますが。

巨人は今年は13ゲームをひっくり返し
優勝しましたがそれまで1位だった阪神は
その間勝ち負け1:1ずつ
5割をキープできたら優勝はできたと思う。

あえて言うならばセリーグの他のチームは
気持ちが切れていた感はあるのかなとも感じます。

ピッチャー有利の野球の中でヤクルト・広島は
ピッチャーの柱が作れなかったことも巨人の優勝に
貢献してしまったのかなとも感じます。

反対にパリーグを見てみると日本ハムにはダルビッシュ有、
楽天には岩隈、ソフトバンクには杉内、
千葉ロッテには成瀬とエースを育成させています。
オリックスは途上。

やはり各チームでエースピッチャーを育成できた事が
大きいですね。

抑えられるピッチャーがいれば打線もあまり
成果を出せませんが、
打たれるピッチャーなら打線の強いチームが
勝ち続けますしね。

反対にピッチャーで言えば巨人のピッチャーは良かった。
しかし阪神はチャンスになかなか打てずに
策もあまり立ててこなかったので得点力は下がっていました。

今年だけを見れば投打とも備わったチームというのは
巨人以外にはありませんでしたね。

今年に限って、育成に成功しているパリーグと
育成がなかなか実ってないセリーグとの対戦は
巨人にとったら事情が違ったのかもと思います。

阪神は新しく真弓コーチへと変わったので
来年期待してます。

プロフィール

ほすういの

Author:ほすういの
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。